Loading...
D-8 ビザ 法人 外人投資家 2018-06-29T04:26:02+00:00

D-8ビザ:法人 外人投資家 / 韓国投資D-8ビザ取得代行

D-8ビザは、韓国で小規模ビジネスを始めたい個人向けです。 D-8ビザは、地元企業、役員、上級管理職または専門職スキルを持つ従業員の外国人任命されたマネージャーのためのものです。

適格性

次の場合、D-8ビザを申請する資格があります。

1. 外国人投資会社で働いています。

2.先端技術(知的財産権を保持している)に基づいてベンチャーを設立し、会社は法第25条に従ってベンチャーとして確認されているか、または技術は高度なものとして評価されている

3.韓国市民が運営する会社に投資した

4.知的財産権または同等のスキルを有する法人の創設者であり、学士以上の学位を持っています。

必要書類

D-8ビザはさらに4つのサブカテゴリに分類され、必要な書類は申請しているカテゴリによって異なります。

D-8-1外国人投資促進法に基づいて外国人投資家に居住する資格を有する申請者の企業向けビザを取得する。 (キューバを除く)

投資対象は韓国企業(設立プロセスの最中にあるものを含む)でなければなりません。

投資額は最低1億ウォンでなければならず、株主総会の議決権に加えて会社の総資本金の少なくとも10%を保有していなければなりません。

必要書類

ビザ申請書

有効なパスポート

標準サイズ写真1枚

費用

発送注文(発送期間を示す必要があります)

海外派遣の雇用証明

外国人投資報告書または投資会社登録証明書のコピー

事業者登録証の写し

投資資本の移転を示す文書

投資額が3億ウォン未満の個人投資家向けの追加書類

– スタートアップキャピタルを示す文書(購入品の領収書、オフィス内装費、国内銀行口座の入出金明細書)

– 事業所の存在を証明する書類(事務所の賃貸借契約書、事務所正面写真、事務所看板の中に書類など)

申請者の国籍の起源からの職業経験または起業家経験を証明する書類。 (必要に応じて必要)

D-8-2ビジネスベンチャー成長促進特別措置法(中国・キューバを除く)に基づく事業ベンチャービザのビザ

必要書類

ビザ申請書

パスポートのコピー

スタンダードサイズ写真1枚

費用

ビジネス登録証明書のコピー

ビジネスベンチャーの確認または将来のビジネスベンチャーの確認

あなたが知的財産権または同等のスキルを持っていることを証明する書類。例えば、特許権カード(韓国知的所有権庁)、実用新案権登録証(韓国知的財産局)、韓国技術金融公社又は中小企業公社の評価試験結果

D-8-3韓国国営企業への投資を行った外国人のための非法人企業ビザ

必要書類

ビザ申請書

パスポート

1枚の標準サイズの写真

費用

外国人投資報告書または投資会社登録証明書のコピー

共同設立者である韓国国民による起業資金の使用を示す文書

ビジネスパートナーシップ契約の原本

c-founderの名前が書かれたビジネス登録証明書のコピー

投資資本の移転を示す文書。例えば、税関または各国の銀行(金融機関)が発行した外貨の送金または送金の確認、Kind Completion Confirmation Letter(韓国税関総裁発行)の投資コピー、

投資額3億ウォン未満の個人投資家向けの追加書類</strong>

投資資金の使用の詳細を示す文書(商品購入領収書、オフィス内装費、国内銀行口座の入出金記録など)

事業所の存在を示す文書(オフィスリース契約)

申請者の国籍の起源からの実務経験または起業家経験を証明する書類。 (必要に応じて必要)

D-8-4技術とビジネス学士号、知的財産権、またはこれに準ずる技能を有する、技術とビジネスに関する企業の創設者のためのビザを開設する

必要書類

申し込みフォーム

有効なパスポート

外国人登録証明書(それぞれの候補者)

標準サイズ写真1枚

完全なビジネス登録証明書とビジネス登録カードのコピー

知的財産権または同等のスキルを持っていることを証明する書類

ポイントベースシステム(特許カード、実用新案登録カード、知的財産権者のための意匠登録証(候補者)のみ)の獲得ポイントを証明する書類は、

滞在の最大長

外国投資法人の監督活動:5年

ビジネスベンチャー推進のための特別措置法に基づき事業を設立した場合:2年(但し、ベンチャー事業の開始予定日は6ヶ月)

学士号以上、知的財産権または同等のスキルを有する法人の創設者:2年

職場の変更/追加

あなたは「職場の変更/追加」の報告を受けません。あなたは「登録情報の変更」を報告する必要があります。

滞在の延長

地方移民局で延長申請をすることができます。あなたが必要とする滞在の延長を申請するには:

申し込みフォーム

有効なパスポート

外国人登録カード

標準サイズ写真1枚

納税証明書

居住地を証明する書類(賃貸契約、居住許可の確認など)

*ビジネス登録証、事業登記証、学位証明書、知的財産権を有することを証明する書類、投資資金の紹介を示す書類[外貨譲渡許可証(申告書)が、入国管理官の裁量と申請しているビザの延長に応じて必要となります。

再入国許可</strong>

2010年12月1日の施行規則の改正により、現在、韓国は再入国許可免除を実施している。新しい制度の下で、登録外国人で、出発日から1年以内に帰国する予定の場合は、再入国許可要件は免除されます。また、ビザに1年未満が残っていれば、残りの期間は再入国許可が免除されます。

ただし、入国制限のために許可が必要な場合は、入国管理局に無料で申請することができます。必要になるだろう:

応募フォーム

有効なパスポート

外国人登録カード

手数料(シングル30,000ウォン、複数50,000ウォン)

また、90日以上韓国に滞在する予定があるので、外国人登録証明書を申請する必要があります。ご到着から90日以内にエイリアンカードを申請してください。

詳しい情報や問い合わせは、最寄りの韓国領事館/大使館または地方入国管理局にお問い合わせください。移民局のウェブサイトwww.hikorea.go.krもご覧ください

All images & graphics used on this visa expert website either given permission to be used by express consent or are licensed under creative commons. for a list of the images used please click here

error: Content is protected !!